自転車と車と徒然なる日々

ロードバイクとBRZで、日々の小さな幸せを楽しむ記録。

20170422.SAT 膝痛原因確認ライド

20170422.SAT
シューズを換えた3月から悩まされている突然の膝痛。
その原因が特定できたかもしれないので、その確認の意味で上りを含む100km以上のライドへ。

いつも通り荒川CRを北上して、膝痛が発生する前によく走っていたのと同じ感じで走ります。途中のセーブオンでドリンク補給した以外はノンストップ、大東坂までの平坦50kmで膝痛はありません(^^)
1ヶ月半ぶりの上りでまずは大東坂。
膝痛は無問題!
にしても、もともと遅いのにさらに遅くなってました(^^;

そのままいつも通り鳩山町ローソンで補給。
この時点で60km弱走って痛みが無いのが嬉しい(*^^*)
これまでは平坦20kmぐらいで痛みが出て40kmも走ったら翌日乗れないぐらいの痛みでしたからね。

定点観測へ行く前に、去年偶然知った亀井にある芝桜へ。
なんと、まだ咲いてました~\(^o^)/
今年は予想外の膝痛のせいで桜を観に行けなかったので、まだ残っていてラッキー。
2017-04-22-11-16-54

2017-04-22-11-14-39

芝桜の眼の前にはソーラーパネルがあります。
一企業(?)が公開してくれているところで、面積は広くないけどとても綺麗な感じで芝桜を十分に堪能できます。



さて、確認ライドなので長い上りなんて無理はしません。自分の定番である横松へゴー。
うむ、上りがツラい、、、
でも膝痛は皆無!
上り始めると同時にポツポツきて驚いたけど(予報では夕方から雨かも)、それ以上は降られず。
どんよりな空の横松。

そういえば膝痛発生のせいで、初めてのカーボンホイールでは平坦の短距離しか試せていません。このホイールで初めて横松上ったけど、ホイール云々以前に体力的にツラくてホイールの影響なんて分からない状況でした。笑
体力無い人が1ヶ月半ぶりに上るとこんなにも脚が回らないものなのね、、、


とりあえず2kmの上りで膝痛は発生しないことが分かりました。良い傾向(^^)
負荷は低くても距離は長い定峰を試したいところだけど、冬ライドでの8時過ぎ出発の習慣が抜けず、今日も出発が遅かったし無理はいけないということで近場へ。

松郷峠を下ったところにある帝松で「大吟醸ソフトアイス」。
相変わらずガラガラです。というか自分一人だけ。笑
去年なんか結構な回数行ってるけど、お店で他の客に会ったことは2回ぐらいしかなかったかも。サッパリなのが好きな人にはお薦めですね。ほんと美味しい(*^^*)


もう12時過ぎだったので、ご飯を食べようと松郷峠を上り返して、来た道を戻るルートで横松方面へ上ってアスタリクスへ向かいます。時間もズレているので入れるかと思いきや、満員御礼状態、、、残念。時間をズラしても入れないとは、、、お店の雰囲気が合う人には何度も来たくなるお店だと思う。また来よう。


復活かもしれないライドでコンビニご飯も何なので、以前にチェックしてあった近くの「川勝」へ。
ここは逆に出迎えバスがあったり、4名席からしか無いような大きなお店。なのでランチタイム真っ盛り中だと1人では入りづらいかも(^^;
ただ、お店の感じからサイクルラックが2台も設置されているのは意外でした。グループライドには向いてるのかな。
14時半過ぎていたからお客は自分だけ。貸し切り~笑
「ヒレカツ丼セット」
これ底上げ丼だけど、かなり大きいのでボリュームがあります。
そして美味しい!
ヒレカツ丼セットでこの値段だから正直期待してなかったけど、自分としては大満足でした(^^)
むしろお腹一杯過ぎて、自転車を漕ぐのがキツイ、、、真面目に漕いだら即お腹をこわすレベル。


天気予報では一日北西の風だったのに、行きも帰りも向かい風になってた、、、
越生やときがわ町で雨が降っていたようだけど、偶然にもここまでパラパラ以上は降られずに凌いできました。今日は家までドライで帰れるかなと思っていたら、彩湖を過ぎたあたりからいきなり路面がフルウェットに!
どうやら、ついさっきまでかなりの雨が戸田近辺で降っていた模様。雨は小降り程度だけど路面がフルウェットって、自転車が一番汚れるパターンではないか!(´;ω;`)
はぁぁ、これは洗車しないといけないわ、、、

そうそう、初めてカーボンホイールでウェット路面走ったけど、ホント止まらない。リムの水が掃けるまでのスリップ感がアルミリムより多い感じ。人の後ろについていると慣れないと怖いかも。これでウェットの下りを走りたくないわ(^^;


そんなことで、1000mほどアップした確認ライドで膝痛は発生せず。
たぶん、原因は特定できたかな。また走れるようになってホントに良かった( ´ ▽ ` )
久しぶりに100km以上走ったら、そこまで頑張って走ってないのに臀筋の疲労感が結構ありました、、、


上江橋から鎌北湖へ行く新ルートを走って確認したいし、次はリハビリライドでGL経由のジェラテリア&定峰かな。早く出発できれば、ね。


その前に洗車しないといけないのかぁぁぁ、、、憂鬱。


<走行記録>
距離   :144.7km
カロリー :2812
平均心拍 :147bpm 
最大心拍 :185bpm
走行時間 :6時間7分 
経過時間 :8時間36分
平均速度 :23.6km 
最高速度 :56.4km 
獲得標高 :1039m(ガーミン)
平均ケイデンス :80rpm 
最高ケイデンス :120rpm
平均気温 :15.4度 
最低気温 :11.0度
 

20170416.SUN 初、CARRERA会

20170416.SUN
昨日、Twitterで知り合った方から「日曜日に彩湖にどうでしょう?」とお誘いがあり、どうやら珍しいCARRERA会らしく行ってみることに。
ちなみに、知り合いの方ともリアルでは一度も会ったことありません(・ω・)ノ


集合はお昼だったので、その前にここ最近ずっと悩みの種になっているシューズ調整のために軽く走ることにしました。なかなか取れない膝痛だけど、前回の調整時に「もしやこれでは?」ということがあったので、 試さなくてはと。


とりあえずいつも通り荒川CRを北上です。
なんか凄い快適で脚がよく回る!と思ったら追い風でした、、、どうりで(;´Д`)
もう南風の季節でしたね。  


上江橋ー入間大橋TT区間だけを頑張って走ってノンストップでホンダエアポートへ。
追い風で冬の向かい風より膝の負担が少ないとはいえ、35km以上走っても膝が痛くない!!
少なくても今までは20kmぐらいで痛みが出始めていたので、かなり良い方向かも。


さすが久しぶりの週末いい天気。
エアポートにはサイクリストが沢山。
いつの間にかベンチが無くなったと噂では聞いていたけど、ホントに無くなってました。
ローディーが邪魔だったんですかね(T_T)
2017-04-16-09-55-12

物見山や吉見まで往復する時間はないので、この付近の定番、榎本牧場へ。
10時ぐらいに着いたら、自転車ラックも満杯で止められる場所を求めてウロウロするぐらいローディーがいました(^^;

榎本といえばヨーグルトグラニータ。
今日は「ラ・フランス」。
2017-04-16-10-16-33


そういえば、自分の中ではもう定番化してるけど、自分が買う時にヨーグルトグラニータを買っている人を見たことがないな。大丈夫かな?やめないで欲しいな、榎本さん。皆さん、グラニータをどんどん食べましょう。アイスは何処の牧場でも食べられるけど、ヨーグルトグラニータはそうあるものではないですぞ。よろしく。


さて、彩湖まで戻ります。
昨日ほどではないけど向かい風になるので、 膝がどうなるか。

真っ直ぐ戻ると早すぎるので、途中でお昼ごはん。
VIAで食べようかと思ったけど、この陽気では間違いなく激混みでしょう。ということで、以前から文明堂カステラの前を通るたびに気になっていたお蕎麦屋さんへ。文明堂カステラの隣りにあります。
「そば処 こばやし」
2017-04-16-11-26-58

初めての蕎麦屋さんでは、まずはノーマルなお蕎麦を食べてみないとね。
秩父で新そばを食べたほどではないけど、リーズナブルな割に十分美味しいかと。


せっかくなので文明堂でブッセをゲットして集合場所の彩湖へ向かいます。
彩湖の入り口まできたら、道路が大渋滞になっていてビックリ。どうやら「さくら草まつり」とやらが催されているようで、橋の入り口から彩湖の駐車場まで車がびっしりでした。

彩湖の北トイレ前で待っている間に、文明堂でゲットしたブッセ3人衆を食べます。
2017-04-16-12-19-17
2017-04-16-12-22-28
2017-04-16-12-27-53

うむ、どれもイマイチでした、、、(TдT)
まさか3個ともイマイチだったとは予想外。
やはり文明堂カステラでは、素直に釜茹カステラを食べましょう。
手がベトつくのが嫌だったからブッセにしたけど、彩湖だと水道があるから手が洗えたじゃないか_| ̄|○
彩湖はホームグラウンドと言ってもいいぐらい走ってるのに、通り過ぎるのがほとんどなので水道のことなんてすっかり忘れてた。まぁ、よく考えればトイレがあるんだから手が洗えるに決まってる。


そんなことで全く顔を知らないお二方との待ち合わせ。
彩湖の北トイレ前はローディー待ち合わせのメッカなので、ローディーが沢山います。
でも心配無用。
CARRERAを探せ!
そうすれば目当ての人(^^)
というぐらいCARRERA乗りを見かけません。

結局、スマホをみている間にblueさんから声をかけてくれたので無事に合流。
もう1人は少し離れた隣に座ってました。笑

初めましての、
 blueさん(同じSL950)
 DICEさん(NITRO SL)
です。

CARRERAを買って丸1年になるけど、その間に認識したCARRERAは1台だけ(実際はもっとすれ違ってたりするんだろうけど)。以前、刈場坂峠でたまたま会った同じSL950乗りだけです。その時に向こうも「珍しい!ましてSL950は初めて会った」と言ってましたね。
そんなCARRERAが3人揃いましたよ。 

どーん。
2017-04-16-13-38-21

あれ、
3台をフレームに入れようとすると、こんなに小さくなってしまうのね by iPhone6 (^^;

集合場所が彩湖だったのでお二人とも彩湖の近所かと思っていたら、自分が一番近くてびっくり。DICEさんもそれなりに離れているし、blueさんに至っては遠すぎて唖然。輪行で来たという、なぜに彩湖だったの?笑


DICEさんとはTwitterでも知り合っていないし、blueさんとも会ったばかりだけど、良くも悪くも3人共それなりに喋る方だったのか、彩湖で自転車に乗ることもなくずっと話し続けてました。笑
そして「こういう時にたまたまCARRERA乗りが来たりしてね〜」と話していたら、blueさんが「あれNITROじゃない?」
ホント偶然にNITRO乗りが目の前に現れるとは、、、唖然。
こちらからは3人で興奮気味に「こんにちは〜」て声を掛けたせいか、「ども」と小さく会釈しただけでそのまま何処かへ行ってしまいました^^;

そんなこんなで、気がつけば2時間以上経過。笑

そろそろ帰り始めますか。
blueさんが自走するということで羽根倉橋へ案内しようとしてたのに、ホームグラウンドのはずの自分が勘違いをして一緒に南下。みごと笹目橋へご案内(^^;
車だと橋を通るので前後から位置を認識できるけど、自転車だと橋をくぐるのがほとんどなので、戸田橋、笹目橋、秋ヶ瀬橋、羽根倉橋、治水橋あたりの順番と位置関係がウル覚えなのです、、、以前も戸田橋と笹目橋を間違えたな。
blueさんからすると羽根倉橋だろうが笹目橋だろうが初めてのルートらしく、「こっちからでも帰れそうです」とサラッと言って帰っていきました(^_^)/~
blueさんごめんなさい。 m(__)m

今日は全く走っていないので、今度ポタリングしましょう!と約束してお別れ。
それぞれ済んでいる場所が見事に離れているので、そこそこのロングライドになるか輪行するかになりそうだけど(^^;


それにしても、羽根倉橋からの浦和所沢街道の方がルートが分かりやすかったし走りやすかったと思うんですよね。地元なんだからもう少し橋の位置関係を把握しておこうと反省しました、はい。 次は間違えません。   maybe。



DICEさんとはもう少し南下した新荒川大橋までご一緒。
橋の手前でDICEさんの友人達と合流。
DICEさんと相方さんとで、擬人化したデザインでキーホルダーを作っているということだったけど、そのデザインを見てビックリ。
それ知ってる!Twitterで何度も見たことある!(/・ω・)/
DICEさんとも相方さんともTwitterで絡んだこともなかったので、世間て狭いなぁ、悪いことはできないな、としみじみ感じたのでした。笑


貴重なCARRERA会に声を掛けてくれたblueさん、ありがとうございました!
お礼に違うルートを案内してしまってゴメンナサイ、、、


あ、そうそう、
とりあえず平坦だけだけど80kmほど走った結果、予想していた膝痛は出ませんでした!!
むしろカント調整をしていることで膝の違う箇所に違和感を感じたぐらい。これはカント調整を無くせば消えるはず。とは言っても、100km以上&上りでトルクを掛け続けてみないと何とも言えないので、来週末も晴れてくれないと困る。 晴れなさい。
桜には間に合わなかったけど、この感じならときがわ町へ行けそうな気がする(*^^*)




関係無いけど、「無から有を作り出すのが一番難しい」と思ってるので、クリエイティブな人達をいつも尊敬しますわ。自分には昔からそういう能力が足りない、、、頭が硬い。

201704 ロードバイクのホイールについて感じたこと、、、現実は残酷

20170409.SUN
これまでのロードバイクホイール履歴。

Calamita完成車に付いてた無名 → ZONDA → SL950完成車に付いてたRS11 → Ksyrium Pro Exalite

と使ってきました(基本的にタイヤは25c)。
Calamita:無名、ZONDA、RS11
SL950 :ZONDA、RS11、キシリウム
 
数も種類も少ないけど、何となく分かってきたことがあります。

それは、
 自分の場合、平坦ではどれを使っても大して違いは無い 
ということ。
※レースに出ない、気ままに走る週末サイクリスト。


◆平坦でのお話
ZONDAにした時:ん?はて??
RS11にした時:んん?うーん、、、あれれ?
キシリウムにした時:んんん?え、まさかね、、、そんなことが。
 
値段にしたら数倍の違いがあります。
高価なホイールなら速く走れるかというと、巡航速度は悲しいぐらいに全く変わりません。
疲れ具合とか漕ぎ易さとか、何か変化があるかというと、これもほぼ無し、誤差の範囲、、、 一日で走行する距離は100-150km程度でのお話。


キシリウムの時にほぼ確信しました。
自分の体力&脚力では、そもそもホイールの違いが出る領域まで使えていない! 
つまり、何を使っても大して変わらないということ。
自転車パーツの中では「ホイールが一番違いを感じられる」とよく耳にする中で、なかなか残酷でザンネンな現実がみえてきました、、、

おそらく、スピード域がもっと高かったり、高いスピード域を維持できる人だと違いを感じられるのではないかと。自分の巡航速度(気持ちよく走れる速度)は27-30km/hぐらい。30km/hでは心拍が150台後半になっているので、もはや巡行速度と言っていいのか分かりませんが。笑

「ホイール換えたらギヤが1-2枚軽くなった!」とか言ってみたかったなぁ、、、( ;∀;)


◆上りと下りのお話
これは自分レベルでも、ある程度の違いを体感できました。
リムが硬いと言われているホイールほど、上りでは前に進む感じがするし、下りでは狙ったラインを素直にトレースしやすいです。下りではスピードが出るほど違いが出そうだけど、下りを攻める訳ではないので、自分のスピード域ではRS11でもZONDAでもキシリウムでも安心感の違いは僅かです。それでも比べると、この中ではキシリウムが一番進む感じがするし安心感も高いです。
※最初のCalamita付属の無名ホイールとは、かなりの違いがあります。

ただし、これまた残念なことに、キシリウムにしたからといって上りのタイムは早くなりません。原因は明白で体力&脚力です。上りで前に進む感じがするのは間違いないけど、それでも体力&脚力不足を補うほどではなかったというのが現実です。


下りに関してはコーナーでの安心感が増すのはとても重要だと思います。
 安心感=心に余裕が生まれる=体が無駄に硬直しない=無駄な落車を避けられる

一定以上のスピードで曲がるコーナーでは、
 自分が想定したラインより膨らむ(アンダーステア方向)→ 恐怖を生む → その恐怖で体が硬直する → ふつうの荷重移動ができない → さらにラインが膨らむ
という悪循環になり落車へ繋がりやすくなるでしょう。
恐怖で身体が硬直することが一番危険。リラックス状態ならふつうにできることが、硬直するとできなくなります。だからこそ「怖い」と感じるスピードで走ってはいけない。一般道の路面は一定ではないので、一瞬タイヤが滑ったり凹凸があったりした瞬間に、心に余裕があった状態かどうかで、身体が反射的に対応できるかの分かれ目になると思います。

コーナーへの前提として、コーナーに入る前にしっかりブレーキングで速度を落とすことが最も重要なので、ブレーキの効き具合も安心感への大きな要素です。



◆見た目のお話
もうこれは完全に好み。
一つ言えるのは、ホイールの見た目を堪能できるのは自転車を降りた時だけ。
そして自分のレベルでは、ホイール換えた感を一番堪能できるのは「見た目」ということ。笑


◆結論
雑誌で書いてあるようなホイールインプレは、自分レベルでは気にしてもしょうがない、ということが分かってきました。
つまり、 自分が重視するポイントで好きなものを買えばいい。
とても当たり前なんだけど、自分にとってポイントになるのは何か?ということに、幾つか使ってみてやっと分かってきました。経験豊富なライダーがインプレして雑誌に載っているんだから、素人としては気になるではないですか(^^;


自分の場合は、
見た目と下りでの安心感+利便性がポイント。



ホイールについてこんなことを感じたので、気になっていたホイールを連続で買ってしまった訳です。笑 まぁ、いつまで自転車で遊べるかも分からないですし。
ホイールの特性的にオールラウンドではないので、自分でも体感できる違いがあるのか無いのか楽しみです。
結局買ってしまうのが機材好き\(^o^)/
世界経済に貢献してるなぁ。 
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ